作業療法室のご案内

作業療法(OT)とは

作業療法室

リハビリテーションのひとつで、主治医の指示のもと、担当の作業療法士がその人らしい生活がおくれるように関わっています。様々な作業活動を経験しながら、生活リズムを整えたり、人と関わる練習を行ったりしていきます。

当院では認知症病棟・デイケアいこい・精神科病棟それぞれに作業療法士が関わり、活動を行っています。精神科病棟では個々の活動を中心とした個人OTと病棟において創作や音楽のグループ活動を行う病棟OTを行っています。
健康の回復・生活の質の向上・退院後の生活にむけて

例えば・・・・
こんなことで悩んでいませんか?

悩み

担当のスタッフと相談しながら、個々の目的 にそったプログラムを行っていきます。みんなそれぞれに困っていることや悩んでいることは様々。作業療法士とともに作業内容や目標を決め、まずは始めてみませんか。

週間プログラム

 
午前 個人OT 個人OT 個人OT 個人OT 個人OT
午後@ 個人OT 個人OT 個人OT 個人OT 個人OT
午後A

病棟OT

(創作)

病棟OT

(音楽)

病棟OT
(リラク

ゼーション)

病棟OT

(カラオケ)

病棟OT

(創作)

悩み

■個人OT・・・
それぞれに個別の作業活動を設定し、取り組みます。
■病棟OT・・・
主に病棟でグループでの活動がメインです。

希望される方は

主治医の指示箋が必要になりますので、まずは主治医の先生と相談してください。 その後、OT参加についての面談を作業療法士と行っていきます。

ページTOPへ